2007年04月

ここでは、2007年04月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24日、『アルゼンチンババア』の初日舞台あいさつが行われ、主演の役所広司、鈴木京香、堀北真希と長尾直樹監督が登壇した。よしもとばななが2002年に発表した同名小説は世界30か国以上で翻訳されており、今回待望の映画化が実現した。よしもとばなな作品の映画化は『キッチン』『つぐみ』に続き、実に10年以上ぶりとなった。

 母の死を乗り越えて父親と心を通わせる高校生の娘みつこ役を好演した堀北真希は、長尾監督から「日本一セーラー服の似合う人」という、ありがたい称号を頂戴し、はにかみの笑顔で応えていた。「制服姿で自転車に乗ってやってくるシーンの撮影では、スタッフ一同からため息がでた」というほどの初々しさだったというから、そこも映画の見どころのひとつ。

 舞台あいさつでは、セーラー服ではなく、赤いブラウスに裾にラインが入った白のプリーツスカートというさわやかなスタイルで登場。原作の魅力を「そんなに現実とは離れていないのにファンタジックな感じがすてきだった」と語り、「夏休みの間に行われた撮影では、ロケ地の那須や福島で過ごせて夏を満喫でき、とても楽しい時間を過ごせました」と笑顔でコメント。言葉をひとつひとつ考えながら選んで話す姿から、かわいいだけでなく芯の強さが表れていた。

 鈴木京香も「私が母親だったらこんな娘に育ってくれたらどんなにうれしいだろうと思える演技だった」と母親のような温かい言葉で後輩をたたえていた。

ライブドアニュース引用
★堀北真希出演作品一覧はこちらです★ [堀北真希の自転車をこぐ姿]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。