アカネ色に染まる堀北真希

ここでは、アカネ色に染まる堀北真希 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堀北真希画像
なんとも堀北真希ちゃんのイメージには全然合わないこのドラマ、真希ちゃんはこのドラマをどう演じるのか!?とっても面白おかしいドラマです。 堀北真希ちゃんは今後どのような活躍を、見せてくれるのでしょう!? 恋愛ドラマってあまり出ていませんよね… 何故!?気になります。まだ若いからこれからの作品に期待です。
タイトルそのままに、鉄板焼きへの情熱だけは誰にも負けない17歳の少女、アカネにふんして“打倒!堀北真希”に燃えている。    「今まではいじめられたり、陰のある役ばかりだったので、役をやっていないときでも、あまり笑わないおとなしい女の子というイメージで見られることが多かったけど、私自身はおしゃべりも笑いもする普通の子。そろそろ新しい堀北を見せたいという意気込みでやってます」と、“打倒”の心を説く。    同名コミックのドラマ化。アカネは日本一の鉄板料理人といわれる父を自慢に育ったが、母の病死を境に気力喪失した父が失踪(しっそう)。「謎が多い失踪を自分で調べたい」との思いで父探しの旅に出た彼女は行く先々で個性豊かな料理人たちと対決を繰り広げていく…。    「熱くて悪いか!?」がアカネの口癖。喜怒哀楽がはっきりした彼女の性格はイメージチェンジにうってつけの役だったが、「頂いた台本もまるで漫画のよう。話のつじつま合わせよりも勢いを大事にした本でせりふに!マークがたくさん(笑)。気合を声に出すなんてことはふだんはしないので…」。最初のうちこそ戸惑ったものの、“アカネ色”に染まるまでに、そう時間はかからなかった。    「(基本的に)漫画とドラマは違うものなので、自分なりに熱いところを出せれば、と考えるようになってからは役を楽しめるようになりました。自分の意志を貫くアカネの強さに魅力を感じるので、声を張るシーンとかは意識的にやるようにしてます」    デビューして4年。昨年は日本テレビ系のドラマ「野ブタ。をプロデュース」、映画「ALWAYS三丁目の夕日」などの話題作が続き順風満帆に見えるが、「人には見せないところもありますよ。でも恵まれてます」と微妙な発言も。単なる美少女ではなさそうだ。(安藤明子)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://horikitamaki.blog66.fc2.com/tb.php/4-49d1b5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。